【おんせんニュース】おサルもほっこり?温泉でストレス解消

皆さん、お風呂入ってますか?

温泉に関する様々なニュースをピックアップしてご紹介する「おんせんニュース」

今回はニホンザルが冬季の温泉入浴をストレス解消の手段としている、という話題をご紹介します。

京都大学霊長類研究所のラファエラ・サユリ・タケシタ研究員らのチームが、長野県の地獄台に生息する「温泉に浸かるニホンザル」が冬季の入浴で寒さから来るストレスを緩和・解消しているという研究結果を発表しました。(京都大学と言えば、さつまいもを海水で洗って食べる幸島(宮崎県)のニホンザルや、熊本サンクチュアリでのチンパンジー保護活動など、サルに関する様々な研究・活動で有名ですね)

北限のサルとして知られるニホンザルは冬季に繁殖期を迎えることから、雌は厳しい寒さと繁殖行動から来る強いストレスにさらされます。地獄谷の個体群がそのストレスを入浴で緩和している可能性については以前から指摘されていましたが、今回の研究で雌のサルから採取した糞を調べることで、入浴後のストレス物質減少を確認し、初めてそのエビデンスを得るに至ったのだとか。

なるほど、忙しい現代社会を生き抜く我々こそ、サル達に倣ってじっくりと温泉に浸かるべきなのでしょう。それこそ、彼らに「猿真似」と笑われるかもしれませんが。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

※記事中の情報は公開日時点のものです

ふろブログは人気ブログランキングに参加中です。更新の励みになりますので、もし記事を気に入って頂けたなら、バナーのクリックをお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です