【入湯記】【別府】ホテル&リゾーツ 別府湾

©ホテル&リゾーツ別府湾

眼下に別府湾を望む、眺望の露天が魅力のリゾートホテル

✔ 別府湾を一望する高台に立つホテル

✔ 遠く国東半島を望む抜群の眺望露天

✔ 充実した設備とアメニティが嬉しい

✔ 当日の営業状況は要問い合わせ

別府市中心部から国道10号線を北へ15分ほど。右手に別府湾を眺めながら車を走らせると、小高い丘の上に白く輝く豪奢な建物が姿を現します。

ホテル&リゾーツ 別府湾(旧別府湾ロイヤルホテル)は別府市の隣、名産に「城下かれい」や「麦焼酎・二階堂」を誇る、速見郡日出町(はやみぐんひじまち)に位置し、その風光明媚なロケーションから人気の高いリゾートホテルとして知られています。

美しい景色、素晴らしい食もさることながら、自家源泉を備えた大浴場も魅力のこのホテル。今回は春の陽気に誘われ、癒やしを求めてお邪魔することにしました。

訪れたのは平日の午後。チェックインの時間には早いためか、柔らかな日差しを取り込む明るいフロントはまだ静かです。立ち寄りの旨を告げると、地下一階の大浴場を案内してくれました。料金を支払い、入浴チケットを受け取ったら、早速エレベータで向かいましょう。

地階の大浴場には受付さんがいらっしゃいました。チケットを渡すとフェイスタオルを渡してくれます。筆者はタオル持参であったため、一旦お断りしたのですが、いいですよ、いいですよ、と親切に勧めてくれました。では、ありがたくお借りします。

※以下、写真撮影禁止のため、画像は公式ホームページより引用

脱衣場は大変清潔に保たれており、ロッカー同士の間も広々。十分な数が並ぶドレッサーには、カミソリを含むアメニティが完備されており、お泊りの場合でもわざわざ部屋から持ち出す必要はなさそう。立ち寄りにも嬉しい配慮ですね。

ささと服を脱ぎ、大浴場へ向かいます。前面が大きくガラスで切り取られた開放的な大浴場には、洗い場に20台弱のシャワーカランが設置されており、大人数での入浴にも余裕で対応。備え付けのシャンプー類は大きなホテルならではの資生堂ブランドでした。髭剃り用に洗顔フォームが別に用意されているのも有り難いサービスです。

軽く身体を流し、いざ湯船へ。泉質はナトリウム・塩化物泉。衛生管理を念頭に循環で維持されていることから、浴感は比較的軽めで、分析表に記載の総量ほどの強さは感じさせません。塩素臭もかすかに感じる程度で、個人的にはそれ程気になりませんでした。

ひとしきり大浴場の湯を楽しんだ後、いよいよ露天に向かいます。小高い丘の一段下がった場所に開けたオーシャンビューの露天風呂は、左手に国東半島、右手に別府を望む素晴らしい眺望を借景に、広々とした岩風呂の情景と相まって、文字通り特別な時間を演出していました。うん、これぞリゾート。別府から少し離れたこの場所に、敢えてホテルが出来たのもよく分かる気がします。

穏やかな春の日差しを浴びながら、少しぬるめの露天でゆっくり。日常を離れ、リゾートの湯に揺蕩う贅沢に、つい時間を忘れそうになる、そんなひとときを楽しんだのでした。

あ、あまりに気持ちよすぎて、帰りに「別府八湯温泉道」のスパポートにスタンプを貰い忘れそうになったのはナイショですよ。

別府・ホテル&リゾーツ別府湾の宿泊プランをお探しなら
250社の予約サイトから料金を一括比較
お得な宿泊プランをご案内
www.trivago.jp

訪問日:2018年4月10日

ホテル&リゾーツ 別府湾

住所:大分県速見郡日出町平道入江182

電話:0977-72-9800

 

立寄料金:

大人 1,000円

小人(小学生まで)500円

小学校就学前まで無料

 

営業時間:

火~木 / 12:30~17:00

土・日 / 12:30~17:00

月・金 / 14:00~17:00

※最終受付 / 16:30

 

泉質:ナトリウム・塩化物泉

アメニティ:各種備え付けあり

駐車場:あり(230台)

 

※当日の利用については事前に問い合わせをお願いします

※記事中の情報は公開日時点のものです

 

ふろブログは人気ブログランキングに参加中です。更新の励みになりますので、もし記事を気に入って頂けたら、バナーのクリックをお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です