【これであなたも温泉通】「温泉ソムリエ」資格を取得しよう

©温泉ソムリエ協会

皆さん、お風呂楽しんでますか?

さて、今回は「温泉ソムリエ」のお話です。温泉好きの皆さんなら一度はその名を耳にしたことがあるのでは?というくらい、有名な温泉関連の資格として知られています。

温泉が好きで興味はあるけど、どんな資格なのか良く知らない…今回はそんな貴方に、現役の温泉ソムリエマスターである筆者が「温泉ソムリエ」の魅力をたっぷりご紹介します。

「温泉ソムリエ」とは?

温泉ソムリエ(おんせんそむりえ)とは、温泉ソムリエ協会(本部、新潟県妙高市)が運営する民間資格である。

2002年に新潟県妙高市、赤倉温泉遠間和広氏の発案により作られた資格。

講座内容に加え、その名前の響きや業界のネームバリューにより、温浴業界をはじめ、医療従事者、研究機関、芸能人や一般の温泉マニアが所有している。(Wikipediaより引用)

温泉資格の中で最もメジャーと言われる「温泉ソムリエ」は、全国の認定者が1万人を超え、その規模は更に拡大中。他の温泉資格を圧倒するバリューを誇っています。

名称の由来はワインのソムリエ(sommelier)から。資格の取得によって正しく温泉を理解し、その魅力を多方に発信する知識を身につけることを目的とする。それが温泉ソムリエの目指すところなのです。

ちなみに、一般の方だけでなく、芸能人にも認定者は多くいらっしゃいます。スギちゃん(以前、TVで彼の温泉レポートを拝見しましたが、温泉についての博識ぶりは相当なものでした)や、東MAXこと東貴博さん安めぐみさん(夫婦で一緒に取得したのかな?)など、お仕事に繋がる資格として業界内での人気は高いみたいですよ。

スギちゃんの溢れる温泉愛に触れたい方には、以下の記事をどうぞ。

「温泉ソムリエ」の認定を受けるには?

取得には、温泉分析書の読み方や入浴法などを受講する温泉ソムリエ認定セミナーに参加する必要がある。温泉ソムリエ認定セミナーは、半日の講義を受けて取得できるタイプと、1泊2日で講義と実技を受けて取得するタイプの2種類あるが、温泉ソムリエの認定としては同じものである。
セミナーは主に東京表参道にある新潟県のアンテナショップ「新潟館ネスパス」にて開催されるが、札幌や名古屋、大阪、福岡など地方都市や全国の温泉地での開催も随時行っている。(Wikipediaより引用)

認定を受けるためには、全国各地で開催される「温泉ソムリエ認定セミナー」に参加し、講習を受ける必要があります。受講の時間はおよそ半日。定期開催の会場に東京の新潟県アンテナショップ「表参道・新潟館ネスパス」がありますので、首都圏にお住まいの方はこちらで受講されると良いでしょう。

また、全国各地の温泉地において宿泊込みで行われるセミナーもありますので、受講とセットで旅と温泉を楽しむのもいいかもしれませんね。

申し込みは「温泉ソムリエ協会」のホームページ、もしくは「温泉百貨店」のホームページからどうぞ。

「温泉ソムリエ」認定の難易度は?

「正しい入浴法はともかく、温泉分析書の読み方なんて、なんだか難しそう…」そう思うかもしれませんが、セミナー自体はそれほど難しいものではありません。遠間家元や櫻井師範など、豪華な講師陣が温泉に関する基礎知識から正しい入浴方法まで、わかりやすく丁寧に、時折ユーモアも交えながら教えてくれます。

半日の受講を経て、参加者全員に認定証が授与される時には、あなたもすっかり温泉ハカセ。誰かに自慢したくなる筈ですよ。

上位資格「温泉ソムリエマスター」

温泉ソムリエ協会では温泉ソムリエ認定後、ステップアップセミナーを受講することで上級資格の認定を行っている。 また、温泉ソムリエ協会が認定する外部資格を取得することでも、温泉ソムリエマスターを申請することもできる。(Wikipediaより引用)

もっと温泉に関する専門知識を深めたい方のために、温泉ソムリエ認定後の上位資格として「温泉ソムリエマスター」があり、以下2つの方法で昇級することが出来ます。

1. ステップアップセミナーを受講する

下記いずれかのステップアップセミナーを受講し、協会に申請することで昇級します。

  • 温泉ソムリエ温泉分析書マスター:分析書の見方を通じ、泉質や泉質別の入浴法をより深く理解するための講座
  • 温泉ビューティ&ダイエットソムリエ:美容と健康、効果的なダイエットに温泉を活用するための講座

2. 協会認定の外部資格を取得する

下記の外部資格をいずれか一つ取得し、協会に申請することで昇級します。

  • 温泉利用指導者(財団法人日本健康開発財団)
  • 温泉入浴指導員(財団法人日本健康開発財団)
  • 温泉観光実践士(温泉観光実践士協会)
  • 温泉観光士(日本温泉地域学会)

ちなみに筆者は、ステップアップセミナーの受講と、温泉入浴指導員・温泉観光実践士の資格取得を修了済みです。どの講座・資格も温泉の知識をより深めてくれました。

 

自宅で受講!「温泉ソムリエ認定講座」

※2018年9月1日現在、N-academyでは新規の講座受付を行っておりません

「地方に住んでいて、東京までなかなか行けない」「土日が仕事でセミナーに参加できない」など、温泉ソムリエの取得を諦めている方はいませんか?

温泉ソムリエ、実はインターネットでも受講可能なんです。

日本最大級のネットスクールとして有名な「N-Academy」(エヌアカデミー)では、協会公式の「温泉ソムリエ認定講座」をオンラインで開講しています。

申込み後に手元へ届く「温泉ソムリエ協会公式テキスト」(セミナーで使用されるものと全く同じ)と、遠間家元出演の講義動画(スマホ・タブレット対応)を見ながら、24時間365日、いつでも受講が可能。わからないことは講師に質問もできますので、対面でなくても十分に温泉について学ぶことが出来るでしょう。

オンライン講座受講後の確認テストに合格すると、晴れて温泉ソムリエ認定者として登録され、温泉ソムリエ協会から「認定証」と「温泉ソムリエタオル」が送られます。(手続き要。送付まで一ヶ月程度)

また、温泉ソムリエ認定者は、後述する「温泉ソムリエ検定試験」の受験資格や、温泉ソムリエ協会公式名刺・バッジなどの限定グッズの購入も可能となります。

実は筆者も、温泉ソムリエの本資格はオンライン講座で受講しました。テキストの充実した内容もさることながら、遠間家元出演の講義動画は初心者にも大変わかりやすく、温泉に関する様々な知識をより視覚的に深めることが出来ました。

そして、家元の講義動画が「受講修了後も繰り返し見られる」ことは、オンライン講座だけのバリューだと思います。

「N-Academy  温泉ソムリエ認定講座」のお申込みはこちら

「温泉ソムリエ検定」で理解を深めよう

※2018年9月1日現在、N-academyでは新規の講座受付を行っておりません

各地で開催される「温泉ソムリエ認定セミナー」では、参加者に気軽に受講してもらいたいという配慮から、セミナー中に敢えて特別なテストを行いませんが、受講で得た知識を試してみたい、という方に向け、認定者に限定して受験可能な「温泉ソムリエ検定試験」をN-Academyで実施しています。

50問の温泉ソムリエ検定試験(オンラインテスト)に合格すると、温泉ソムリエ協会より「温泉ソムリエ検定合格者ナンバー入り認定証」と「プレミアム温泉ソムリエタオル」が送られます。(手続き要。送付まで一ヶ月半程度)

筆者もオンライン講座の直後に受講しましたが、受講した内容のおさらいが主の内容でしたので、繰り返しの学習で理解を深める、という意味では大変意味のあるものだったと思います。

” 真の温泉ソムリエ ” を目指す方は、是非挑戦してみて下さい。

「N-Academy 温泉ソムリエ検定試験」のお申込みはこちら

まとめ

ここまで、温泉ソムリエ検定について、その内容と魅力をご紹介してきました。

セミナーへの参加やオンライン講座での受講など、取得に至るプロセスは様々ですが、温泉ソムリエ協会が提唱する「温泉の正しい知識」(温泉の基礎知識、温泉分析書の読み方)と「正しい入浴法」(入浴法の基礎知識)をしっかりと身に付けることで、温泉に関する造詣がより一層深まり、より安全で効果的な入浴に繋がるのではないでしょうか。

興味のある方は、是非「温泉ソムリエ認定」を取得することをお薦めします。明日からのお風呂が楽しくなること間違いなしですよ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

※記事中の情報は公開日時点のものです。

ふろブログは人気ブログランキングに参加中です。更新の励みになりますので、もし記事を気に入って頂けたら、バナーのクリックをお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です