【入湯記】【熊本】黒川温泉 いこい旅館

©いこい旅館

渓流の緑をあつめ、光揺らめく、いこいの湯

✔ 黒川唯一の「日本の名湯秘湯百選」

✔ 混浴露天の「滝の湯」が宿の名物

✔ 湯巡り手形で入湯可能

✔ 観光案内所から徒歩5分

前週の雨から一転、黒川は穏やかな晴れの日になりました。

こんな日は徒歩で、と、湯巡り手形を携え、観光案内所「風の舎」から細い坂道を下ること5分。温泉街の中心を流れる渓流・田ノ原川に掛かる橋を超え、少し上った場所に、鬱蒼と茂る雑木林に隠された一軒の宿を見つけました。

門柱に「いこい旅館」とあるその宿は、ここ黒川で五十有余年の歴史をつなぐ老舗の旅館。木造3階建ての趣ある母屋をはじめ、どこか懐かしく、温かみを感じる居住まいが魅力の温泉宿です。

さて、本日はこちらのお風呂から、黒川の湯巡りを始めましょう。

門柱から緩やかに下った場所には中庭。離れの囲炉裏が来客を迎えます。鼻をくすぐる煙の香りに、心落ち着くのは筆者だけではない筈です。

囲炉裏の隣には無料で使える足湯も備えられていました。客を飽きさせない心憎い気遣いですね。

箱庭のような宿の佇まいに癒され、なんとも本題を忘れてしまいそうですが、そう、今日はお風呂を借りに来たのです。フロントに手形を渡し、入湯の許しを頂きましょう。

笑顔が素敵なフロントさんの案内に従い、長い廊下を進むと突き当りには上階への階段と「混浴」と染め抜かれた暖簾の掛かる露天風呂がありました。

ここ「いこい旅館」には、二階から繋がる女性専用の浴場と、一階に混浴の露天が用意されており、殿方は自然と混浴を案内される様になっているのです。

脱衣場へ続く引き戸を開き、いざ露天へ参りましょう。

※以降は写真撮影禁止のため、公式ホームページより画像を引用

脱衣所は露天に向かってガラスが入った開放的な作り。光を集めることで、広く感じる仕掛けとなっています。また、奥には衝立で区切られた空間があり、どうやらこちらは女性の更衣場所であるようでした。

なお、宿の客には専用の鍵付きロッカー、立ち寄り客には100円のコインロッカーが用意されていますので、貴重品はこちらに収めておくとよいでしょう。

脱衣所を抜けると、まず「滝の湯」が姿を現します。黒川で「日本の名湯秘湯百選」に唯一選ばれたという、いこい旅館の名物湯です。

田ノ原川に面した崖をえぐるように設えられた滝の湯は、露天を覆い尽くさんばかりに枝を伸ばす木々と、群生する竹の合間合間から光を取り込み、湯面をゆらゆらと照らしていました。そして、露天に向かって大きく張り出した屋根から落ち込む打たせ湯は、側を流れる川の音と競い合う様に、周囲の静寂を心地よい響きでかき消しています。

「滝の湯」から洗い場の小道を少し登ると、そこには浅めの浴槽を備えた「うたせ湯」があります。目隠しの塀が大きく切り取られ、渓流・田ノ原川の景色を一望出来る、まさに景観の湯です。

また、混浴には半内湯、とも言える「箱湯」も用意されていました。側には洗い場もあり、ゆっくり内湯の気分を楽しみたい方には良い空間なのではないでしょうか。

泉質は、いずれの浴槽も、ほのかに硫黄臭を感じる塩類系の単純泉。さらっとした肌触りの優しいお湯でした。手のひらでひとすくいすると、ふわふわと湯の花が舞い立つ様は、こちらの湯が高い鮮度を保っている証拠。なんだか嬉しくなりますね。

平日の昼間ではありましたが、滝の湯には数名の先客。筆者はひとり、うたせ湯でのんびりです。

初夏の日差しに、少しづつ自身の色を濃くしていく周囲の緑を眺めつつ、温めのお湯に浸かったり、上がったりを繰り返すうち、少し前まで耳にしていた鶯の声を聞かなくなったことに気付きました。

もう五月も半ば、燕の頃か。そんなことをぼんやりと考えながら、いこいの露天で季節の移ろいを感じるひとときは、とても贅沢な時間でした。

春夏秋冬、それぞれで違った黒川の魅力を映すであろう、いこいの湯。また別の季節に再訪してみようと思います。

黒川温泉・いこい旅館の宿泊プランをお探しなら
250社の予約サイトから料金を一括比較
お得な宿泊プランをご案内
www.trivago.jp

訪問日:2018年5月15日

黒川温泉 いこい旅館 (くろかわおんせん いこいりょかん)

住所:熊本県阿蘇郡南小国町6548 満願寺黒川温泉川端通り

電話:0967-44-0552

立寄料金:大人 500円 小人 300円

営業時間:8:30~21:00

定休日:不定休

泉質:単純温泉(含食塩・硫黄・硫化水素泉)

アメニティ:あり

駐車場:あり

※記事中の情報は公開日時点のものです

 

ふろブログは人気ブログランキングに参加中です。更新の励みになりますので、もし記事を気に入って頂けたら、バナーのクリックをお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です