【入湯記】【別府】渋の湯

お肌しっとり塩の湯は、上人の遺徳を伝える癒やしの湯

✔ 別府・鉄輪、むし湯前の共同浴場

✔ 竹製冷却装置・湯雨竹が楽しい

✔ 外来入浴は100円ロッカーを利用

✔ 九州・別府八湯両温泉道対象施設

✔ 営業時間は21時まで

✔ 近隣に公共駐車場あり

例えば、別府を代表する風景と聞いて、たなびく「湯けむり」を思い浮かべる方は多いのではないでしょうか。

今でこそ、滾々と湧き出す温泉の源として、また、蒸し料理や発電の熱源として、人の手で管理される「湯けむり」も、その昔は、猛り狂う噴気と熱泉の様から「地獄」と呼ばれ、人々の生活を脅かす恐ろしい存在であったと伝えられています。

そんな「地獄」を鎮め、現在の鉄輪温泉(かんなわおんせん)の基礎を造ったのが、鎌倉時代にこの地を訪れた時宗(じしゅう)の開祖一遍上人(いっぺんしょうにん)です。

施湯のため、現在の「鉄輪むし湯」「熱の湯」(ねつのゆ)、そして、今回ご紹介する「渋の湯」(しぶのゆ)を開いたと伝えられており、以降数百年もの間、病に苦しむ人々や癒しを求める人々に、その遺徳とお湯を繋いでいます。

「渋の湯」が、いでゆ坂の中程にある現在の場所に移設されたのは明治28年のこと。当時の湯小屋は、高い天井と湯抜きを備える豪奢な建物であったと伝えられていますが、現在はその面影を敷地裏の滝湯跡に残すのみとなっています。

さて、入口のお薬師さんにお参りを済ませ、その有難いお湯をお借りすることにしましょう。

こちら渋の湯も、他の共同浴場と同じく、脱衣場と浴場が繋がった別府スタイルのお風呂なのですが、脱衣場壁面に作り付けられた脱衣箱の利用は地元の組合員さんに限られており、外来者は入浴料の代わりに100円ロッカーを利用するルールになっていますので、立ち寄りさんは必ず100円を払ってロッカーへ荷物を収める様にして下さい。

浴場は、高い天井と大きく開かれた窓が特徴の開放的な造り。湯船のふちや床面の色づきもぐっと雰囲気を盛り上げてくれます。

壁面に貼られた入浴方法やマナーを示すイラスト・漫画で、組合員さんと立ち寄りさんの橋渡しをするのも、観光地の共同湯ならではといった心遣いですね。

そして、浴槽の突き当りに見える竹垣で囲ったこの仕掛け。これは「湯雨竹」(ゆめたけ)と呼ばれる竹製の温泉冷却装置で、上部の樋から溢れた源泉が、内部に並べられた細かい竹枝の束を通して湯船に落ちるうち、適温まで自らの温度を下げるというもの。

同じ仕掛けの大きなものは、湯雨竹の開発元である「ひょうたん温泉」に設置されていますので、お近くにお立ち寄りの際は是非見学してみて下さい。

ちなみに渋の湯は、湯雨竹で85℃の源泉を60℃まで下げて湯船に注いでいるそう。シンプルな仕掛けながら、加水なしで鉄輪のお湯が楽しめるというのは、なんとも有り難い話です。

湯舟では、立ち寄りのお客さんがひとり、気ままにお湯を楽しんでいらっしゃいました。お邪魔にならぬ様、筆者も仲間に加えて頂きます。

湯舟から、まずかけ湯を。じんわりと熱を感じるこちらのお湯は「ナトリウムー塩化物泉」。湯口から少し含むと、出汁の様な旨味の向こうにぴりりと塩気を感じるあたり、相応に強い成分であることが分かるのですが、それと裏腹に感じる軽めの浴感が、渋の湯になんとも不思議な魅力を与えています。

ゆっくりと湯舟に身体を沈めると、鉄輪の湯らしい滑らかな肌触りが迎えてくれました。

塩化物泉には天然の保湿成分と言われるメタケイ酸が多量に含まれること、主成分である塩分が肌に薄い膜を形成し、湯上りの乾燥を防いでくれることから、女性に嬉しいこちらのお風呂。是非、すっぴんでお越しの上、お顔までしっかり潤してお帰り下さい。おすすめです。

湯舟のふちに頭を預け、ぼんやり天井を眺めていると、湯小屋の上で繋がった女湯側から、常連さんと観光客と思しき女性の会話が聞こえてきました。どうやら、お湯の熱さを気遣って水の蛇口近くを勧めている様です。

浴場の男女を問わず、常連さんの優しさは別府のお風呂の風物詩。

お上人様の徳を今に伝える渋の湯は、これからもこの場所で、安らぎを求める人々に優しいお湯とこころを伝えていくのでしょう。

※渋の湯は「九州温泉道」そして「別府八湯温泉道」両方の参加施設です。泉人・温泉名人を目指す皆さまは、お帰りの際にスタンプをお忘れないようお願いします。

別府・鉄輪温泉の宿をお探しなら
250社の予約サイトから料金を一括比較
お得な宿泊プランをご案内
www.trivago.jp

訪問日:2018年6月7日

渋の湯

住所:別府市鉄輪風呂本16

電話:0977-66-1767

立寄料金:100円(外来者は必ず100円ロッカーを使用)

営業時間:6:30~21:00

定休日:不定休

泉質:ナトリウムー塩化物泉

アメニティ:なし

駐車場:なし(近隣に公共駐車場あり)

※記事中の情報は公開日時点のものです

 

ふろブログは人気ブログランキングに参加中です。更新の励みになりますので、もし記事を気に入って頂けたら、バナーのクリックをお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です