【入湯記】【別府】陽だまり温泉 花の湯 ・家族湯「あじさい」

一年中、花と緑が楽しめる、温室に咲く”花”族風呂

✔ 温室に造られた、花と緑の家族風呂

✔ 泉質はお肌しっとり塩化物泉

✔ 平日は夕方まで550円で一人入浴可

今回は、家族湯専門の立ち寄り温泉「陽だまり温泉 花の湯」(ひだまりおんせん はなのゆ)を再訪し、家族湯のひとつ「あじさい」に入湯しましたので、こちらのお風呂をご紹介します。

※「陽だまり温泉 花の湯」についての概要は前回の記事をご覧下さい。

【入湯記】【別府】陽だまり温泉 花の湯 ・家族湯「たんぽぽ」

「陽だまり温泉 花の湯」は、大分自動車道・別府インターチェンジから車で5分程の住宅街に所在する、家族風呂専門の温泉施設です。

温泉熱を利用して花卉栽培を営んでいた花屋さんが、栽培用の温室を家族湯に作り変えたという一風変わった経歴と、専門性を活かして熱帯の植生を再現した緑豊かな浴場が人気を呼び、日々多くのお客さんで賑わっています。

計9室の家族湯には、それぞれ花の名が授けられており、今回はその中から「あじさい」を使わせて頂きました。さて、今回はどんなお風呂が待っているのか、今から楽しみです。

「あじさい」の脱衣場は、コンパクトながら必要十分の設え。浴場とそのまま続きになっていること、湯小屋が天井部分の吹き抜けで横に繋がっていることから、脱衣場にエアコンの用意はありませんが、風通しの良さも手伝って不思議と熱を感じません。据え付けの扇風機が心地よい風を運んでくれます。

奥に広く取られた浴場は、温室ならではの高い天井が魅力です。日中はガラス張りの天面から射す光で、さながら露天の気分が味わえます。

そして、面積の多くを占める浴槽は岩風呂風の造りとなっており、大人4・5人が一緒に使える広さは、家族連れにも十分に対応出来るでしょう。

なお「花の湯」は、利用者入れ替えの度に湯を抜く他の家族湯施設と異なり、かけ流しで常に湯舟を新しくし続けるスタイルで営業されています。時間に限りのある家族湯で、お湯が溜まるのを待たずに入浴出来るのは有り難い配慮ですよね。

また、浴場左手前の洗い場には、シャワーカランが一基用意されています。皆さん、どうぞ譲り合ってのご利用を。

やはり特筆すべきはこの緑の濃さ。部屋名のアジサイこそ切り花での用意でしたが、バショウやコチョウランなどの亜熱帯植生は、年中そのままの見事な姿で見る者を迎えてくれます。

温室の造りと、温泉の熱・蒸気を巧みに利用した緑。それらを眺めながらの入浴は、別府にいながらリゾート気分を味わうことが出来ますよ。

泉質は「ナトリウムー塩化物温泉」。比較的しっかり目の浴感で、少し上がるとしっかりと発汗が確認出来ます。所謂「塩のお湯」は、元々保湿に長けた成分であること、メタケイ酸も多く含まれることから、特に乾燥が気になる女性にお薦めです。

一年を通じて花と緑に溢れるお風呂で楽しむ塩の湯は、今回も格別のひとときを与えてくれました。皆さんも是非、花の湯の癒やしに触れてみはいかがでしょうか。

そうそう、こちらの家族湯は、平日の昼間限定(10:00~17:00)で、お一人様での利用(料金550円)が可能です。明るい湯屋で陽の光と鮮度抜群の湯を浴びながら、一人でゆっくり南国気分を味わいたい方は、是非訪れてみて下さい。

別府の宿をお探しなら
250社の予約サイトから料金を一括比較
お得な宿泊プランをご案内
www.trivago.jp

訪問日:2018年7月10日

陽だまり温泉 花の湯(ひだまりおんせん はなのゆ)

住所:大分県別府市竹の内2-2

電話:0977-21-8778

 

立寄料金:1,600円

※平日のみ1人利用可 550円

 

営業時間:10:00~受付0:00

※平日のみ1人利用可 10:00~17:00

 

定休日:不定休

泉質:ナトリウムー塩化物温泉

アメニティ:あり

駐車場:あり

※記事中の情報は公開日時点のものです

 

ふろブログは人気ブログランキングに参加中です。更新の励みになりますので、もし記事を気に入って頂けたら、バナーのクリックをお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です