【入湯記】【別府】谷の湯

浴感さっぱり塩の湯は、お不動さまの恵みの湯

✔ 別府鉄輪・お不動様の鄙びの湯

✔ 入浴料は番台のパイプへ収めて

✔ 鉄輪では珍しい弱酸性の塩化物泉

✔ 営業時間は21:30まで

✔ 湯小屋前に駐車場あり

別府八湯(べっぷはっとう)のひとつ「鉄輪温泉」(かんなわおんせん)は、鎌倉の頃、時宗の開祖・一遍上人(いっぺんしょうにん)がこの地を訪れた際、拭きあがる噴気、いわゆる「地獄」を治め、施湯のため開いたとされる、別府最古の温泉郷として知られています。

今回ご紹介する「谷の湯」(たにのゆ)は、鉄輪の中心街を上る「いでゆ坂」から一本裏に入った川沿いの細道を、すこし進んだ場所にある、地区管理の共同浴場です。

通称湯の川(正式名称を平田川という)に面して、通りから一段下がった谷に建つことをその名の由来とし、その鄙びた風情から県の内外に多くのファンを持つ谷の湯。その起こりは定かでありませんが、天保年間には既に湯小屋を結んでいたという説があること、各地の名だたる良泉が、もれなく川沿いに湧いていることを考えても、「谷の湯」が鉄輪の中でも特に古い歴史を誇る一湯であることは間違いなさそうです。

「谷の湯」は、2階に公民館、階下に男女別の湯屋を備える別府スタイルの共同浴場ですが、公民館が川沿いの道と同じ高さに見えるのは、少し不思議な感じがしますね。

また、料金は2階と同じ高さにある離れの番台にお支払いしますが、その納め方がまた独特で、申し訳程度に開かれた窓サッシの隙間、そこから顔を出すビニールパイプに入浴料の150円を滑らせるというもの。地元民としてはすっかり慣れてしまった感がありますが、初めてお越しの方には面白くもあり、少々面食らうところもあるかもしれません。

なお、奥の部屋では番台のおばあちゃんが、大概テレビを見ているか、うたた寝をしていますので、出来ればそっとしておいてあげましょう(笑)

パイプ越しに入浴料を納めたら、階下へ続く石段を降り、いざ浴場へ。

この日は20時を過ぎての訪問でしたが、男女とも表の扉が開かれ、それぞれの浴場に音はなく、ただひっそり静まり返っていました。

入口から男湯を除くと、空っぽの脱衣箱と揃えられた洗面器が並び、湯船から溢れた湯が静々と洗い場を濡らしているだけ。どうやら今夜は独泉のようです。

そして、谷の湯と言えば、男湯の奥にいらっしゃる、この「お不動様」を忘れることは出来ません。

いつの頃からここにいらっしゃるのか、誰も正しく知らないとの事てすが、その昔、男女の浴場が簡単な仕切りで区切られていただけの頃から、それぞれを厳しい眼で見守っていたそうです。

その足元に、今は枯れてしまった昔の泉源があることから、もしかすると湯小屋が被さる前からこの場所でお湯を守り、授け続けているのかもしれません。

今日という日の湯の恵みに心からの感謝を込め、お不動様にお参りを。お許しを得て、お風呂をお借りします。

洗い場で昼間の汗をさっと流し、打ちっぱなしコンクリートの湯舟へゆっくり身体を預けると、意外な程にぬるめの湯が筆者を迎えてくれました。

分析所に曰く、源泉温度が70℃を超える高温ゆえ、次の利用者が適温で使えるよう最後の人が湯口のコックを絞って帰るのが谷の湯のマナー。どうやらお不動様は、相当に長い時間、次の利用者をお待ちになっていた様です。

湯口を開き、真新しい湯を注ぎ込むと、湯舟は程なく熱を帯び始めました。あるべき姿を思い出したようなお不動様の湯をまとい、一日の終わりを穏やかに迎えられる幸せ…。それはまさに、極上のひとときです。

泉質は「ナトリウムー塩化物泉」。総量で3gを超える成分の濃さながら、塩の湯ならではの重さを感じさせないそのお湯は、鉄輪では珍しいpH4.9の弱酸性です。

その澄み切って美しく、肌に近しい湯心地は、あくまでさっぱりとした感触を与えてくれるだけでなく、心まで綺麗に洗い流してくれる…そんな感動まで与えてくれました。

お不動様のご縁を得て、人が守り育ててきた谷の湯は、これからも変わらずこの場所で次代に湯の記憶を継いでいくのかもしれない…。湯船でひとり、鉄輪の夜を見送る筆者の時間は、塩の湯との語らいとともに、ただ静かに過ぎていったのです。

別府・鉄輪温泉の宿をお探しなら
250社の予約サイトから料金を一括比較
お得な宿泊プランをご案内
www.trivago.jp

訪問日:2018年6月28日

谷の湯(たにのゆ)

住所:別府市北中1組

電話:なし

立寄料金:150円

営業時間:6:30~21:30

定休日:不定休

泉質:単純泉

アメニティ:なし

駐車場:あり

※記事中の情報は公開日時点のものです

 

ふろブログは人気ブログランキングに参加中です。更新の励みになりますので、もし記事を気に入って頂けたら、バナーのクリックをお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です